「ZEH」をご存知ですか?

家の断熱性能を高め、エネルギー効率の高い設備機器を利用して消費エネルギーを削減する。
さらに太陽光発電などで自らエネルギーを創り、エネルギー収支を概ねプラスマイナスゼロにする。
それがネット・ゼロ・エネルギー・ハウス「ZEH(ゼッチ)」です。

檜の家のZEHなら、
健康と快適もプラス。

谷川建設の家は、ZEHの力でエネルギー消費を抑え、コントロールするだけではありません。木が本来の持つ力を活かすことで、快適性や健康面にまで配慮しています。
私たちは「ZEH」と「TREE」の両方の力を活かした「smart wellness house」を提唱し、地球にも人にも優しい家づくりを行なっています。

住宅性能×テクノロジー×木のぬくもり。
ソフトと構造の両面から快適を創造します。

ZEH4つのポイント

エネルギーをコントロールしながら、暮らしのコストを最適化。

  • 太陽光発電で、昼にエネルギーを創り、夜に使い、蓄えるから高効率。
    昼も夜も、なるべく買う電力に頼らないスマートな暮らし。

    日中は発電した電力を中心に生活し、余った電力は蓄電池へ充電。太陽が沈んだ後は、蓄電池から電力を活用。できるだけ買う電力に頼らない暮らしが実現します。

  • 理想的なエネルギー管理により、大幅な節電につながります。
    電力の見える化「HEMS(ヘムス)」による節電意識が効果を生む。

    HEMSにより、家庭の消費電力を把握して、電力の無駄をなくし、エネルギー管理を行うことができるため10%~20%の節電効果が期待できるといわれています。

    ■エネルギー使用履歴
    ■エネルギー使用量予測

ZEH基準を上回る断熱性能に、さらに遮熱性能をプラス。

  • 夏は涼しく、冬は暖かい。木の家は、環境にやさしい自然のエアコンです。
    木が持つ本来の力を最大限に引出し確かな性能として暮らしに活かす。

    断熱性に優れた素材、木の長所を十分に活かすとともに、家全体を高性能な断熱材であるロックウールですっぽりと包むことで、優れた断熱性能を実現しています。住宅性能表示制度で定めた「断熱等性能等級」でも、最高ランクの等級5に対応しています。

    断熱性能H-3等級・気密性能A-4等級 Low-Eペアガラス

    谷川建設の標準サッシは、外部はアルミ、室内は樹脂を用い、ガラスはLow-Eペアガラスを採用した複合サッシ。
    断熱・気密性能共に次世代省エネ基準に適合し、結露防止や耐風・水密性も備えたサッシです。

    木は熱伝導率が低く、いつも快適。

    木は自然の断熱材。ロックウールなどと組 み合わせることで、家全体の断熱性能をさらに高めます。

    独自の遮熱シート「アウトールAC」。

    両面に独自のアルミコーティングを施すことで遮熱性能を持った透湿防水シートを採用しています。

    断熱材「ロックウール」で家を包み込む。

    断熱性だけでなく、吸水性が低く耐久性、耐火性などに優れたロックウールを家全体に採用しています。また、ホルムアルデヒドの発生も少なく、環境に優しい素材です。

  • 無垢フローリングや、LED電球などの使用によりコストもダウン。
    少ないエネルギー消費で、
    毎日を快適に暮らす。

    無垢の床材は足元が冷えにくいので、暖房の使用電力を抑えた、健康的な毎日が過ごせます。また、部屋の温度が均一でないと、頭痛や下痢など様々な不快症状が起こりやすくなります。さらに、消費電 力が少ないLED電球や高効率なエアコンを使用することで、家全体の省エネを実現します。

    ■床材料の違いによる足の甲の温度変化

谷川建設では「ZEH対応住宅(ENEハウス)」を東長崎エコタウン構想の一環として、自社の特性を生かした建物性能に、
ZEHの関連機器、パッシブ省エネ手法を取り入れた究極の省エネルギー住宅として、共同研究しています。

太陽光・オール電化・蓄電池の経済効果を診断し、
お客様に最適なプランをご提案いたします。

※シミュレーションに関するお問い合わせやご依頼は担当者へお気軽にお声がけください。 ※イメージ