谷川建設

耐熱性

熱伝導率が低い木造のメリット

木造は熱伝導率が低くS·RC造に比べて断熱効果が高い快適住宅です

木の熱伝導率は、鉄の1/250~1/450程度しかありません。これは、木が鉄に比べ熱が伝わりにくいという性質を表しており、それだけ室内の熱が逃げにくく、屋外の熱も伝わりにくいということです。まさに自然の断熱材といえます。

ロックウール+無垢材が高い断熱効果を実現します

他の断熱材と比べて、熱伝導率が低く、断熱効果が高いロックウール。耐熱温度も高く、万一の火災にも延焼を食い止めます。また吸水性が低く木材の腐蝕、断熱材の落下が起こりにくいので建物の耐久性アップに貢献。もちろんホルムアルデヒドの発生も少なく、環境に優しい材料です。部屋の温度が均一でないと、頭痛や下痢をはじめ様々な不快症状が起こりやすくなりますが、無垢の床材は温度の変化が少なく快適です。

外壁下地の遮熱

外壁材から伝わる熱を反射し、室内に侵入する熱量を減少させるため、遮熱効果が高い透湿防水シートを採用

近年、一般住宅の高気密・高断熱化が進み、冷暖房の効率が高まって住宅の省エネルギー化が進む一方、高気密・高断熱住宅は、壁体内に結露が生じ、住宅の耐久性を損なうことが指摘されています。そこで谷川では、外壁材からの輻射熱を反射させ、内壁側に侵入する熱量を減少させる遮熱機能をもった透湿防水シートを採用しています。

シート表面(外壁側)は、ドット状にコーティングされ、また裏面(内壁側)は不織布に全面コーティングすることによって、防水性と透湿性を持たせながら遮熱性能を向上させ、従来の透湿防水シートに比べ、内壁温度を約3℃低く保つことを可能にしています。さらにアルミの酸化劣化を進みにくくするため、アルミを樹脂層で保護しています。